FC2ブログ

箱根旅行 2 (お宿編)

おでかけ
05 /27 2018
土曜日は雲が多いお天気だった桜太家地方
小中学校が2学期制の我が市では、運動会の学校もありました


アジサイ
庭のアジサイがだいぶ色づいてきましたよ

山アジサイ
咲き始めは白かった紅山あじさいも
紅色に染まってきました

お天気が悪いので色が綺麗に写らず残念です
でも、運動会には暑すぎなくて丁度いい具合だったのではないでしょうか


さてさて、箱根旅行のお話の続きです


宿の部屋
この扉を開けて中に入ると


広い部屋
我が家の玄関より広い玄関と(笑)
ずっと奥まで続くお部屋?!


洗面所
入ってすぐ左側には、洗面所と内風呂とトイレ


水屋
その先には、立派なお水屋
お水屋には、抹茶と煎茶両方のの道具一式
その隣にはエスプレッソマシ-ンまで揃っていました

そして、お水屋があるということは


お茶室
その奥にはお茶室が!
ここには、マッサ-ジ機がありました(驚)


お部屋
一番奥が居室


お部屋2
隣にはソファコ-ナ-


窓の外
窓の外には風流な「せせらぎ縁台」


須雲川
縁台のすぐ下にはザンザンと音を立てて
須雲川が流れています


机
お宿には「ご当地部屋」といってその土地の伝統的技術が
取り入れられた部屋があるそうで
私達の部屋も机や花瓶、


お水屋3
お水屋の置物や抹茶茶碗も寄せ木細工でした
(抹茶茶碗、写っていなかった・・・)

というわけで、しばし部屋のあちらこちらを探検した後
せっかくなので大浴場のお風呂へ

残念ながら写真はありませんが
須雲川に面した外側だけが開放されている半露天風呂で
緑いっぱいの景色もよく、心地よい風が吹いてくるので
のぼせることなくゆっくりと温泉につかることができました
思えば、季節もちょうど良かったのかもしれませんね

あまりの心地よさに滞在中とうさんは4回、かあさんは3回も
大浴場に行きました(笑)


お風呂を楽しんだ後は夕食です
食事は「お食事処」に行きますが、部屋ごとの個室になっています
次々に運ばれてくるお料理に写真が多くなりましたのでまとめました


[広告] VPS

「明治の牛鍋」は、明治のまだ冷蔵などの保存ができない時代
肉の傷みを少なくするために肉は厚く四角く切り
臭みを消すために味噌仕立てだったものを再現しているそうで
味噌に出汁を加えて野菜などの具材を入れていきます

私達の担当の方が調理をして、盛りつけて提供してくれるので
その間に、この旅行が子ども達からの退職記念のプレゼントだと話すと
デザ-トに「お疲れ様でした」のプレ-トが添えられていたのです
これには「これが、星野リゾ-トのおもてなしなんだ」と感動でした


この旅行に出る前に「星野リゾ-トの日本一のおもてなし」について
TVで2度も紹介されていたのを観て
いつも桜太と一緒のお手頃な宿にしか泊まったことがなく
できれば放ってほしい派の私達は、ちょっと緊張して行ったのです
でも、お部屋の案内の後は、こちらが頼まなければ関わることはないけれど
そうした心遣いはあって(その後フロントでもお祝いの言葉をいただきました)
とても温かい気持ちで過ごせたのでした


というわけで、心地よい夜を過ごしたあと(特にとうさんはご機嫌でした 笑)
旅の2日目については、次回に続きます



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村













関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

すごーい‼️さすが星野リゾートですね〜
私も緊張しそう(笑)
我が県にも小淵沢や河口湖に星野リゾートさんがありますけど
私には一生縁がなさそうです(笑)
でも、ご褒美としたら最高ですね

No title

桜太とうさん様 お仕事お疲れ様でした。

とても広くて素敵なお部屋ですねー
きっとご自分たちのことは後回しなご両親にと
考えてくれたのですね 
私は旅行する時どーしても
名所をどれだけ見て回れるかをメインに考えるので
部屋に滞在してる時間が短いのもあり
ひとりで旅をするときはビジネスホテル
(今はビジネスも綺麗で快適なので)
友人と一緒の時は友人の希望とすり合わせるので
人気のホテルもあるのですが
貧乏性なんでしょうか(^_^.)もったいなーい
と思ってしまうんです(笑)
でも星野リゾートはどこも同じところがなく
考え抜かれていて素敵で憧れます
何度もお風呂行っちゃいますよね^^

きっと (どこ行ってたですかー)のおうちゃんに
報告することがたくさんありそうですね(*^_^*)

No title

凄い!!
すべてが豪華 対応も完璧!!
素敵なプレゼントでしたね(*^_^*)
やっぱり自分達ではなかなか予約は躊躇してしまう敷居の高いところかもしれませんね・・・
一生に一度位こんなところに・・・(笑)

No title

さすが星のリゾートというほかないですね
贅沢だけではない心のこもったおもてなしです
私も星のリゾートを紹介するテレビ番組をみたのですが
ものすごい感動でした

テレビがないことへのこだわりや
ご当地の自慢を芸術的に取り入れたりして
贅沢を味わいつくして欲しいとの心配りがにくいですね

今こうしたことをしてくれる旅館やホテルは数もなくなり
安かろう悪かろうのただの宿泊所が多くなりましたから
プレゼントですからその気持ちのお手伝いをしたいと思うホテルに感動です

とても素敵なプレゼントでした

あと
食事の動画2回見ちゃいました 笑

No title

すごい豪華なお宿とお部屋!うちももう20年以上、ワンコが一緒なのでこんな旅館には泊まったことないです(^_^;)
おもてなしも最高ですね。
子供さんたちからのプレゼント、とってもいい記念になりましたね。
桜太くんも安心出来るところに預けられて良かったですね(^.^)
うちは近くにはなを預けられそうなところがなくて・・・
はなにも問題があるのですけどね(^_^;)

なおちゃん さま

そうそう、山梨にも星野リゾ-トありますよね~
箱根ももともとは他の旅館だったのを星野リゾ-トが買い取ったもの
だそうなので、それぞれ違う雰囲気なのではないかと思います
我が家も今回が最初で最後かな~(笑)
でもスタッフの皆さんがとても親しみがある感じで、リラックスできました

asamichi さま

ありがとうございます
でもまだ再雇用で働いていますけどね(笑)

我が家もいつもは桜太連れなので、ペットOKの宿で観光優先
(今ではビジネスホテル形式でもわんこOKのところがあるんですよ)
夕方遅く入って朝早く出ることが多いです
今回はとうさんのためのご苦労さん旅行だったし、お風呂が良いという
星野リゾ-トだったので、夕方早くチェックインしました
ただのんびりするのもなかなかよかったですよ(歳だしね 笑)

茶々ママ さま

は-い とても良い旅をさせてもらいました
今まで行った旅行で一番贅沢なお宿でした(笑)
わんこOKのところでも豪華なところはあるんですが
自分で頼むとなるとなかなかね・・・です
茶々ママさんもぜひ、素敵な所を捜してください
九州には確かわんこOKで、立派な旅館がありますね

ゴルのママ さま

星野リゾ-トを紹介する番組ってよく目にしますね
私達としてはそんなにサ-ビスしてくれなくても・・・
という気持ちだったのですが(笑)ほどよい関わり方で
こちらの言ったことには答えてくれる心遣いの感じられるお宿でした
地元の伝統工芸などを取り入れているのもいいですね
お料理も地元の食材を取り入れていて、一品一品説明してくれるので
なるほど~と味わいながらいただきました
夕食のメニュ-もとても手間をかけた美味しい物ばかりでしたが
朝食に出された伊豆の名産のアジの干物がとても美味しかったです

そうそう、夕食のメニュ-一品一品がとてもう綺麗でしょう?
出てくるときには蓋がしてあるので、開けたときにわぁ~という感動がありました

*はなママ* さま

我が家もいつもは桜太と一緒だし、予算もあるので(笑)
こんなに落ち着いたお宿は初めてでした
とってものんびりした良い時間を過ごすことができて
いい思い出になりました

桜太のホテルね、ずっと前初めてシャンプ-をお願いしたとき
「柴犬ですか~」と難色を示されたお店なんですよ
でも何回か預けるうちにオ-ナ-さんと桜太の間に
信頼関係ができたようです(笑)
今ではとてもかわいがっていただいています

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 9歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)