どんど焼き

できごと
01 /14 2018
晴天が続いている桜太家地方
雨や雪の影響がないので、桜太家のリフォ-ム工事は
順調に進んでいます


点検1
相変わらず騒いだりすることなく過ごしている桜太ですが
外の様子はとても気になるようで、日に何回も庭に出たがります
工事がお休みだった日曜日には、熱心に点検
もぐって行ってしまわないようにリ-ドつきで(笑)


メジロ
この日は工事の音がしないので
サザンカにメジロが来ていましたよ


点検2
裏庭の様子が気になって
ほんとうはこの先に行きたい桜太ですが
かあさんに引き戻されて、点検はここまでです

さてさて、そんな毎日の中


お団子
このお方がやって来ましたよ
新しいお家のすぐ近くで『どんど焼き』が行われるというので
『どんど焼き』用のお団子作りをしに来たぽんちゃんです
一緒にコネコネして蒸かしたお団子をさっそく試食


お団子2
桜太家地方では『どんど焼き』で焼く大きなお団子の他に
小さなお団子を作って、こんな飾りを作ります


どんど焼き
大きなお団子はこちら(アルミホイルで包んであります)
3つに分かれた枝に刺して、お正月のお飾りや書き初めの紙を燃やす
『どんど焼き』の火であぶって食べると風邪をひかないなどと言われます
ぽんちゃんもしっかり食べたそうですよ

ど-んど焼きゃ14日
さ-るのけ-つ真っ赤か

というはやしことばがありまして、桜太家地方では
『どんど焼き』は1月14日に行うのが習わしですが
最近はお休みの日に合わせてするので
ぽんちゃん町内では13日に行われました

桜太家の町内では、大きな火を焚ける広場がなくなって
『どんど焼き』をしなくなりましたが
こうして今でも昔ながらの行事が行われているのはいいなぁと思いました



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村














関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

桜太くん家はリフォーム中なんですね。
色んな音がして、桜太くんもそわそわしちゃいますよね。
うちのマンションも数年前に大規模修繕工事があって、屋上からリフトに乗った人が下りてくる姿を見て、たもつが興奮してました。
ベランダに来たオジサンとは仲良くなってたみたいだけど(笑)
どんど焼き、近所でできるのは良いですね。
うちの実家の方も大々的に火をおこせるような場所がなく、みんなで焼くということはできなくなってしまいました。
そういう行事を見るとなんだか癒されますね。

No title

桜太君チェックチェックだね(*'▽')
でもお利口さんに耐えてる桜太君が愛おしいね(*^_^*)
もうしばらくの辛抱だね

どんど焼きはこの田舎でも学校のグランドで行われていましたが
やはり子供が少なくなったり 高齢化が進む中 行われなくなりました
いいですね 特に小さい子供さんがいらっしゃると 楽しめますね(^^♪

No title

そうそう、14日の日だったのに
うちのところも第2の土曜日ですって
色々変わってしまって戸惑うことばかりです

それにしても大きなお団子(笑)
ぽんちゃん楽しんで来たかな?

No title

とんど団子なんてのがあるのですね。
地方事に色々ですね~
最近では、どんどん、こういう風習が消えていくだけに、
残ってるのを大切にしたいですね。
リフォーム中、桜太君、落ち着きませんね。
探検したくてうずうずしてるかな(笑)

No title

どんど焼きが盛大に行われるのですね!
お団子を作って飾る風習っていうのは知りませんでした。
お家の改修工事の間は桜太くんはお家の中なのですね。
気になるでしょうね~(^.^)
外に出してもらって、どこで音がしてたとかの点検をしたのでしょうね(笑)

No title

「どんどん焼き」とはなんなのかと思ったのですが
なるほどこういったことでしたか
ぽんちゃんも楽しんでお団子を作れたから
きっと「どんどん焼き」は楽しい行事だと認識したでしょう
こうして受け継がれていく行事には若い人の参加がうれしいです
これで健康な一年が過ごせますね

桜ちゃんは工事中には少々不便もあるでしょうけど
あと少しなのかな?
早く終わるといいですね

またいつものきれいなお庭にめじろ以外のお客さんもやってくるのが楽しみです

たもつ先生 さま

上から人が降りて来たらビックリするでしょうね~
興奮してしまったたもつ君の気持ちわかります
桜太も毎日外の様子が気になっているようです

昔のどんど焼きは、大きな竹を組んで高い塔のようにしたところへ
正月飾りを入れてかなり大きなものでしたが
今ではだいぶこぢんまりとしていました
それでも子ども達が大勢集まって、お菓子が配られたりして
楽しい集まりでした

茶々ママ さま

毎日いろんな人が出入りしたり、聞き慣れない音がしたりで
桜太も気になって仕方がないようです

うちの町内でも以前は学校でどんど焼きをしていましたが
校舎の建て替え工事があって、それ以来できなくなりました
ぽんちゃん町内は、今でも子どもが大勢いる町内で
どんど焼きにもたくさんの子どもが来ていました

なおちゃん さま

やっぱり『どんど焼き』は14日ですよね
私が子どもの頃は平日でも14日に行われたものでしたが
だんだんと土曜か日曜になってきました

若い頃、山梨ですごく大きなどんど焼きの塔(?)を見た記憶があるのですが
今でもそうですか?
大きなお団子・・・直径10cmくらいあります(笑)
他の方のブログでスルメを竹に吊したのを焼いていて驚きました
ペロちゃん地方ではお団子は焼きませんか?

yushipapa さま

そうそう、yushipapaさんブログでさくらちゃん地方のどんど焼きは
お正月飾りを燃やすだけのようだったので「お団子は焼かないのかな?」と
思っていました。他の方のブログではスルメを焼いていたので
地方によっていろいろなんですね~
桜太家地方ではお団子を焼いて食べると一年風邪を引かないと言われていて
子どもが一人1本お団子のついた棒を持って集まります
町内の子どもが集まるので賑やかです

*はなママ* さま

私が子どもの頃は、各町内で竹や正月飾り、だるまなどで
大きな塔を作って盛大に燃やしたものですが
今は消防法などの関係であまり大きな火は炊けないようです
それでもぽんちゃん町内はたくさんの人が集まって楽しそうでした
小さなお団子の飾り、かわいいでしょう?
お団子と一緒に大黒天や小判などの飾り(もなかの皮みたいなもの)
も吊します

桜太は外で聞き慣れない音がすると、必ず確認しに行きたがります
一通りクンクンすると納得するようです

ゴルのママ さま

どんど焼きの仕方も地方によっていろいろなようですが
お正月のお飾りを焼くのがもともとの目的のようです
私の両親が子どもの頃は、どんど焼きに使う竹やお飾りなどを集めるのは
子どもの仕事だったそうです。今でもお団子は子どもが一人1本持ってきて
焼きますから子どもの行事で、町内中の子どもが集まって賑やかです

工事中はやはり桜太も人間も落ち着かないです
早く終わってのんびりしたいものです

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 9歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)