箱根 行き当たりばったり旅

おでかけ
08 /27 2012
桜太母>日曜日の朝のことです。父さんが突然 
 「今日、箱根行かない?」と言い出しました。
 「箱根? おうちゃんも連れて?」
 「そう。」

実は、桜太が1歳の時に箱根に行って、くねくね道で車酔いし、
大変なことになったことがあるのです。
最近、だいぶ車に慣れたとはいえ、かなり不安がありました。

けれども、父さんが張り切って「わんこと楽しめる場所」を調べたので
突然ですが、箱根に行ってきました。


わくわく
本犬も行く気まんまんでしたからね・・・


最初は、とっても快調でした。御殿場インタ-を降りてから続く
くねくね道も無事クリア-
ところが、芦ノ湖周辺に着いてから、目的地の入り口がわからず
クルクルしているうちに、桜太くんの様子が・・・
そして、ゲ-・・・ああ、かわいそう・・・

途中、以前行ったドッグランもあったのですが、
広大な芝生の片隅に、狭いドッグランがあるだけで、
あまり楽しめなかった覚えがあるので、そこもスル-


桜太 一歳の夏
これは、その時の桜太・・・1歳になりたての眉毛犬だった頃


目的地だった「箱根九頭竜の森」は「箱根園」の一部だというので、
箱根園の駐車場の方に聞いてみたところ
 「車では行けなくて、自転車かモ-タ-ボ-トで」とのこと
自転車? モ-タ-ボ-ト??
わんちゃんと一緒にお散歩って書いてあるのに、どうして?

けれども、自転車もモ-タ-ボ-トも桜太は無理でしょうということで
「箱根九頭竜の森」は断念・・・


神社

とりあえず、休憩しようと「箱根神社」の駐車場へ
すると、駐車場下の「平和鳥居」から、芦ノ湖に沿って 
いい感じの遊歩道があったんです。


湖畔の遊歩道
お散歩するのにちょうどいい というわけで歩いてみることに・・・


芦ノ湖 
遊歩道のすぐ下は芦ノ湖・・・海賊船の形の遊覧船がよく見えます。


湖畔の遊歩道



大木
大きな杉の木


太鼓橋
太鼓橋・・・この下を通って、神社の船が湖に出入りするそうです。



タマアジサイ
あ、ここにもタマアジサイが・・・

遊覧船の発着港まで着いたので、Uタ-ンして鳥居に戻り、反対側へ



吊り橋
揺れる吊り橋



休憩
所々に休憩所も・・・



芦ノ湖



湖畔の遊歩道
どこまでいっても、まだまだ続きそうなこの道
途中で引き返して、帰ることにしました。



湖畔の遊歩道
すぐ横には道路が通っているのに、遊歩道は別世界


石段ダッシュ
階段を駆け上がって、駐車場に戻りました。


家を出発したのが11時頃だったので、お昼を食べずに歩いていた私たち・・・
この時点で午後1時30分頃になっていました。そこで、
この後は、のんびりお昼を食べて、無理せずゆっくり帰ろうということに・・・

父さんが調べた(朝ね) わんこと遊べる場所情報は、全然役にたたなかったけれど、
この後、わんこと入れるカフェ情報が役にたつことに・・・
「桜太、初めてのカフェ」のお話は、また明日



家に帰ってから、父さんの資料をよく読んだら、「九頭竜の森」は「箱根園」の
駐車場の奥にある遊歩道を通って、1.2㎞歩けば行けたことがわかりました。
犬飼いさんにとって、徒歩1.2㎞はたいしたことがないけれど、駐車場の
お兄さんは、だいぶ遠いから自転車でと教えてくれたのでしょう。
急に行くことになったので、下調べ不足でした。



にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

FC2 ブログランキング
ブログランキングに参加しています
クリックしていただけると嬉しいです











 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 8歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)