だいぶ距離が近づきました

桜太の日常
10 /09 2016
土曜日は雨のち曇りだった桜太家地方
でもその前には


青空
こんな青空の日も・・・


記念撮影
は-い、記念撮影
家族や友人に送るためにi-phoneでカシャ


終了~
もう少しうまく撮りたいのに、あっという間に
モデルは終了で~す


芙蓉
せっかくの青空と富士山だったのにな~


さてさて、桜太ブログに時々登場のぽんちゃんですが


ねえねえ
柵越しよりも こちら側からの方が桜太に近づけることを覚えて
ケ-ジの網越しに呼びかけたり手を入れたり・・・


おいでおいで
桜太も「何ですか?」というように
ぽんちゃんと向かい合うようになりました

もともと柵は、ぽんちゃんから桜太を守るためのようなものなので
ケ-ジの網ごしなら安心ということもあるでしょうね(笑)
ぽんちゃんは、桜太が口をパクパクしながら舌をペロペロ出すのを真似て
自分も舌をペロペロ出して桜太に見せています
親愛のしるしでしょうか? (笑)

そんなわけで、ぽんちゃんと桜太の距離は
ずいぶん近づいたように思えます



おまけ

かわいがられる
日没後の写真なので暗いですが
散歩の最後に、一緒にお散歩した銀時くんのママさんに
ナデナデしてもらう桜太
実は、家の外ではフセはおろかオスワリもなかなかしない桜太
こんなにゴロンチョして撫でて貰うなんてめったにないことです
幼馴染みの銀時くんのママだからこその風景です


銀ちゃんとお散歩
以前の写真ですが、銀時くんはこの子で-す



ところで、前記事の写真の中で

富士山
この銅像は何かいわれのあるものですか?とご質問いただいたので
富士市の公園のホ-ムペ-ジに載っている記事を追記に添付しました
興味のある方はご覧ください



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

友好の像-プチャーチン提督と日本の漁夫-


1854年12月、プチャーチン率いる外交使節を乗せたロシア軍艦ディアナ号が下田港に来航しました。安政の大地震に遭遇したい葉したディアナ号は、修理のため西伊豆の戸田へ向かうことになりました。折からの悪天候のため漂流し、1855年1月、現在の富士市沖で沈没しましたが、地元漁民らの救助活動により、外交使節と多くの乗組員は無事に上陸することができました。後の1855年2月7日、下田で日露和親条約が結ばれました。この友好の像は、富士市の先人の勇気と献身的な行動に対して、また日露和親条約締結140周年を記念して、ロシアから寄贈されたものです。尚、博物館本館には、ディアナ号模型などが展示されています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは
わざわざ私の疑問に答えていただき感謝です。
救助した話は聞いたことあります。
その像だったのですね、それは誇らしいもだぁ。

よその人にも腹撫でしてもらうんだぁ、よほどの信頼ではないですか。うちのゴルもいつも横になってますから、腹なでろ~ってことでいつもやらされますね。

ぽんちゃんとおうちゃん
ムチムチのお手手と柴あたまさんのツーショットは
なんともホッコリ^^癒されますねー(*^_^*)
きっと何度も嗅ぐぽんちゃんの匂いやら慣れてきたのでしょうか
そのうち(俺の弟分だな)なあんて思うようになるのかな?
銀次くんも強そうな名前に反してなんて可愛い
優しいお顔でしょ^^類は友を…ですね

青空と富士山と柴犬ってすごいいい写真なのに、ちょっと残念でしたね。
ぼんちゃん、だんだんとおうちゃんに慣れてきてますね。
その頃から、動物には優しくと言っていれば、乱暴なことはしないだろうから、もうちょっとしたら、直接のご対面ですね!
ぼんちゃん大きくなりましたね(^.^)

涼しくなって、青空と富士山と柴犬さんが一緒に撮れる機会が増えますね。
いつも「いいなぁ…」って思っています。
うふふ、ぽんちゃん、ますます知恵がついて、桜太君との交流を始めましたね。
おだやかな桜太君だから、わんこ大好きな子に育ちますね。

いいなぁ~富士山がいつも見られて・・・桜太君ナイスショットだったのになぁ(*'▽')
桜太くんもぽんちゃんを認めてるし ぽんちゃんも桜太くんの優しさがわかったのかなぁ(^^♪
とってもいい関係ですよね ぽんちゃんの成長もとっても楽しみ(*^_^*)
きっと二人の関係はもっともっと濃い関係になっていくのでしょうね(^^♪

ゴルのママ さま

ご質問ありがとうございました
実は、この像がロシアから寄贈されたものだということは
私も今回初めて知りました

ゴロンしてお腹なでろ~は、家ではよくやるのですが
外ではめったにしないのですよ
小さい時から知っているぎんママさんだからこその
行動だったと思います

asamichi さま

ぽんちゃんにとって桜太は、とても興味のある
友達?かおもちゃのようなもののようで
預かっている時間の多くは、桜太の所に行っています
桜太の所にいればご機嫌なので、子守におおいに役だってくれています

銀次くんの名前と姿とのギャップには、未だに慣れません(笑)

*はなママ* さま

久しぶりの青空でしたから、もうちょっといい写真が撮れれば
よかったのですが・・・
ぽんちゃんの積極姿勢には、桜太も恐々としていますが
この子には逆らってはいけないと感じているようです
ママの実家では大きな猫ちゃん相手に同じようなことがおこっているようですが
動物に優しい子に育ってくれるといいなと思います

藍 さま

急に涼しくなって、お散歩も楽になりましたね
富士山の姿も見えやすい季節になり、楽しみです

ぽんちゃんのめざましい成長に桜太も押され気味ですが
ママの実家では猫ちゃんが同じような目にあっているようで
シッポを思い切り引っ張られても我慢しているそうです(笑)

茶々ママ さま

富士山が間近に見られるというのは、本当にありがたいなぁと思います
その日の富士山の様子が挨拶の話題になる桜太家地方です

ぽんちゃんと桜太の関係は見ていて楽しいです
どんな風になっていくのかみんなで楽しみにしています

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 9歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)