涼しい場所で

桜太の日常
06 /20 2016
雨がずっと降り続く・・・という梅雨ではないけれど
曇っていていることが多く、蒸し暑い桜太家地方


紫
と思うと、かんかん日が射して、一気に真夏の暑さ
紫陽花がどんどん色濃くなって、ピンクのはずが青紫に・・・
土のpHが以前より酸性に傾いたということかな?



日なたと日陰
さてさて、お日さまかんかんでも 
時々外に出たくなる桜太くん
でも日なたには出ず、玄関の前止まり



日なたと日陰2
この日なたと日陰のラインが大事です
日なたに出るとジリジリ焼ける暑さでも
日陰ラインの内側は、そよそよ風が吹いてきて涼しいのです



涼しい場所
お家の中にいるときは、この場所
玄関を少し開けておけば、ちょうど風の通り道

涼しい良い場所は、桜太くんの特等席
人間は草取りで汗を流します(笑)



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

紫陽花って本当に段々色が変わっていきますよね(*^_^*)
綺麗な青紫ですね・・・やはり土って関係あるのですね・・・
桜太君さすがです!ちゃんといいところ見つけて(^^♪
ワンコって心地いい場所ちゃんとわかってますよね(*^_^*)

草取りこれからは苦痛ですね・・・我が家ももう随分伸びてきて・・・
暑いし 虫は近づいてくるし 汚れるし・・・('A`)

紫陽花って毎年同じ色ではないのですね。
でもそれはそれで今年は何色だろうと思うのも楽しいですね。
暑い日にうちも時々外に出ます。
それもお日様が当たってるところに(>_<)
少ししたらさすがに暑いのか入ってきますけどね(^_^;)
桜太くんはきっと家の中で一番涼しいところにいますよね(^.^)

紫陽花の色って不思議ですね。土のphが関係してるとはよく言われてるけど、どのくらい酸性とかアルカリ性とか、素人にはよくわかりません。我が家は大きくなりすぎた薄紫色の紫陽花の1株を庭の別の場所に去年植え替えたのですが、今年咲いた花は濃い目のピンクでした。
桜太君、涼しい場所を賢く移動してますね。
風の通り道は人気スポットで、我が家では、柴犬の列ができることもあります(笑)

茶々ママ さま

紫陽花はだんだんに色が変わって、長い間楽しませてくれますね
この青紫の紫陽花は、昨年もっとピンクだったと思うのですが
今年は赤系の紫陽花の肥料をしなかったので、青に傾いてしまったようです

我が家も毎日草取りです
当分は草や虫との戦いが続きますね

*はなママ* さま

我が家地方の土は、酸性なようで
青系の紫陽花は毎年変わらず青く咲きますが
赤系はその年によって違う気がします
きちんと合った肥料をしないとだめですね

家の中の方が涼しくても なぜか時々外に出たがりますよね~
外の風に当たりたいんでしょうかね~?

藍 さま

やはり同じ株でもそんなに色が変わるんですね
紫陽花って本当に不思議ですね

凜ちゃん一家の柴犬の列はお馴染みですね
ほんとうに風の通る道をよく知っていますよね

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 9歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)