人間語がわかってきましたよ

桜太の日常
06 /16 2016
最高気温22℃ほど、曇り時々雨・・・な天気の桜太家地方


富士山
富士山は見えない日が多く
木曜の朝、ほんの少しだけ・・・


お散歩
お散歩は雨の降っていない時を選んで
朝遅かったり、夕方早かったり
不規則になっています


ぐっすり
涼しいからかお昼寝はぐっすり
大胆だったり


ぐっすり2
なんだか狭そうだったり


ところで


あまえる
桜太くんが大好きなT兄が、ちょこっと帰省しておりました
ゴロゴロ甘えたり


あまえる2
抜け毛取りをしてもらったり

実は、桜太が歳をとるにつれて
「人間語がわかってきたな~」と思うことが度々あるんですが
今回も
「T兄を迎えに行って来るからね」
と言って、空港に迎えに行って帰って来ると(3時間ほど)
いつもは、かなり長時間の留守番でなければお出迎えはなしの桜太が
玄関でしっぽを振って待っていたのです
しかもキュルル-ンというような鼻声を出して・・・

T兄と桜太が一緒に過ごしたのは
桜太が我が家に来てから半年ほどなのですが
子犬時代に一緒にいてかわいがってくれたT兄は
何年たっても 桜太にとって大好きな家族
帰省してかまってもらえることが
なによりも嬉しいのです

今回特に
「T兄を迎えに行って来るね」
という人間語がわかったんだな~ と思ったかあさんでした


しょんぼり
T兄、もう帰ってしまって、がっかりですよ



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お天気次第でお散歩・・・我が家も雨の合間を見つけてのお散歩ですが 梅雨になるとなかなか難しいですね(-_-;)

大好きなお兄ちゃんの帰省は 桜太君にとってはとてもハッピーな出来事でしたね(*^_^*) 
ワンコって小さい時の記憶って凄いですよね 
我が家の亡くなった小太郎も買って最初に連れて行った近所のおじさんとその息子さんには 一緒に暮らしてもいないのに とにかく半端なく大好きでした 
おじさんの名前を家の中で言うだけでシッポをちぎれる位振って 探すのです とても不思議でしたけど 特に可愛がられていたりすると 記憶がよみがえってくるのでしょうね(^^♪
お兄ちゃんが帰ってしまった後の桜太君のお目目がとっても寂しそう・・・

Tお兄ちゃんが帰ってしまって、寂しそうですね。
また会いに来てくれるといいね、桜太ちゃん。
桜太ちゃん、人間の言葉をわかっていると思います。
一緒に暮らしていると、特別に教えた言葉でなくても
覚えてくれるのでしょうね。
それにしても、Tお兄ちゃんの前での桜太ちゃん、本当に甘えたちゃんですね♪ 優しいTお兄ちゃんがダイスキなんですね。

わかります、わかります。
凜たちも人間語をちゃんと理解してますよ。
お兄ちゃんや、お姉ちゃんが来ることを夫婦で話してると、そわそわしたり、散歩で行く公園の名前がわかったり(うっかり○○公園って言っちゃうと、ちゃんとそちらに向かいます)
一緒に暮らしてるとそうなるんでしょうね。
T兄さん、ちょうど我が家の次男と同じような立場ですね。凜が来たばかりのとき、地元勤務だったので、子犬時代に遊んでもらったことを凜は忘れてないようです。

おうちゃん嬉しそう~^^
そして帰ってしまって寂しそうなおうちゃん
こうしてみると 本当に分かってるんだなあと思いますね。
(言葉を)なのかもしれないし
きっと大好きな母さんが大好きなお兄ちゃんを
迎えに行く それが伝わったのでしょうか(*^_^*)
桜太母さん お迎えに行くときニコニコだったのでは^^
みんな嬉しい!おうちゃんワクワクだったんですね

桜太くん、T兄さんの名前を覚えているのですね。
子犬時代に可愛がってもらった人って、2年くらい会わなくてもちゃんと覚えていてすごく喜びます。
桜太くんも半年くらいって一番覚えてるときですよね。
大好きなんでしょうね(^.^)

茶々ママ さま

九州地方は大雨のようですが、茶々ママさん地方はいかがですか?

わんこにとってかわいがってもらった記憶というものは
かなりしっかりと残っているようですね
小太郎くんもおじさんと息子さんに優しくかわいがってもらった
記憶がずっと残っていたのですね

春桜 さま

桜太にとってT兄は兄弟みたいなものかもしれません
今回は特に帰って来るのを待っているんだなぁと思いました
帰る時には、特にお見送りはなしですが、帰ってしまうと
やはり寂しげです

asamichi さま

確かにそうかもしれませんね~
実は今回、帰って来るのが予定より1日遅れたのですが
それだけで主人や私がちょっとがっかりして、夕飯時に無口になったり
しましたから(笑)そういう雰囲気や帰って来て賑やかになったりするのが
桜太に伝わるんでしょうね

*はなママ* さま

そうですね~
そういえば、名前だけでなく 例えば「ぽんちゃんが来る」の時は
ママであるNちゃんも来るというのがわかるようです
かわいがってくれる人のことは、敏感なんですよね
我が家に来て、一番遊んでくれたT兄のことはよく覚えていて
帰って来るのを楽しみにしているようです

藍 さま

お返事の順番が違ってしまって申し訳ありません

そうですよね~ 「あ、今の言葉をわかったんだな」と思うことが
よくありますよね
藍さんのお家もお兄ちゃんたちやお姉ちゃんが帰ってきてくれる時を
凜ちゃんたちが楽しみに待っているんでしょうね
凜ちゃんも子犬時代に遊んでくれたお兄ちゃんが大好きなんですね

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 8歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)