富士山本宮浅間大社 2

おでかけ
04 /03 2016
日曜日は朝から雨模様だった桜太家地方
ようやく満開に近づいた桜も 暗い空の下で残念でした

さてさて、先週の土曜日にぽんちゃんの初宮参りで 
富士山本宮浅間神社にお参りしたかあさんですが
ちょうど一週間後になる昨日
大学時代の友人二人と再びお参りしてきました


境内の桜
富士山本宮浅間大社のご神木は桜なので
境内には500本の桜の木が植えられているそうです
一週間前はまだまだだったソメイヨシノが3~5分咲きでした


桜門
桜門の奥にも開花した桜が見えていました


舞台の準備
本殿・拝殿の横では、この日の夕方催される
『雅楽・舞楽・能楽の夕べ』のための舞台が準備されているところでした


拝殿と桜
この日も 私達がいる間に 二組の結婚式がありました
新郎新婦とご親族は列を作って、桜門から入場し
拝殿前を通って、拝殿の左手から入っていきます


本殿
前回は行かなかった所にも行ってみました
これは拝殿の右手に回ってみたところ
二階建てになっている部分が本殿です


湧玉池わき出し場
さらに回っていくと、富士山の雪どけ水が地下水となって
それがわき出している水源の池があります
小さな神社のような建物の下に湧きだし口があるそうです


湧玉池
そこから国指定特別天然記念物になっている『湧玉池』に流れ込み
さらに神田川に流れていきます
昔は、富士登山の前に この湧玉池で身を清めるのが習わしだったそうです


枝垂れ桜
湧玉池から桜門の方に回っていくと
満開の枝垂れ桜が綺麗でした

この後、桜太家で昔話に花を咲かせた3人
楽しい一日でした
友人二人はそれぞれ黒柴犬とトイプ-ドルの飼い主さんなので
桜太くんもたくさんかわいがってもらいました
(写真はありませんが・・・)


無の境地
おしゃべりに夢中で写真撮るの忘れたですよね

はいっ これは桜太くんのブログです・・・



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

むふふ^^
(今日の母さんよくしゃべるですよー)(よく笑うですよー)
て想いながら聞いてただろう桜太君
きっと楽しそうな笑い声が子守唄に聞こえて
うとうとしちゃったんじゃないでしょうか?^^
母さん子のおうちゃんは 母さんが嬉しそうで何よりと
思ったんじゃ?(なでれー)の要求は変わらず?^^
ずーっと昔からの友人とは一瞬で昔に帰れますよね(*^_^*)

さすがに立派な神社ですね。
お友達と行くと、いろんなところに行けるから、楽しいですよね。
その前はお宮参りがメインだからそれ以外のところに行ってる場合ではないですしね。
桜太くんはお利口さんにお留守番だったのですね(^.^)

asamichi さま

私の友人が家に来ると、長時間お喋りが止まらないということを
知っている桜太は、ケ-ジで耳だけをピコピコしておとなしくしていて
友人達に褒められていました
でも 私達がお菓子を食べる時だけは、のそっと出てきて正座し、
おやつの催促をすることは忘れませんでした(笑)

以前、今回の二人を含む同じ部活同期女子一同で卒業30周年記念旅行に
行ったのですが、会うと一瞬にして20代女子に変身できました(気持ちだけ)

*はなママ* さま

実は、我が家の近くにも浅間神社があって、自分や子供達の行事は
そちらで済ませていたため 富士宮の浅間大社の境内をゆっくり見たのは
今回が初めてでした
湧く玉池の湧水の湧きだし口など見ることができてよかったです
結婚式も白無垢姿の花嫁さんに合わせて、ご親族も着物姿の方が多く
こういう結婚式もいいなあと思いました

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 8歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)