やきもち

桜太の日常
02 /17 2016
大荒れの天気の後、一気に気温が上がった桜太家地方


ミモザ
強風に枝が折れてしまうのではと心配したミモザも
なんとか無事で


ミモザ
開花が進みました


あやしい雲
その後、また気温が下がって
こんな怪しいお天気もありましたが


梅と富士山
梅や


さくら
桜も開いて
春は、確実に近づいて来ているようです


暖めて
日差しは暖かいけれど、風は冷たい・・・そんな庭にて


しっぽがつかえる
お日さまで体を暖めたり(しっぽ、つかえてるね)


冷ます
部屋でちょっと冷ましたり
そんなくり返しの のんびり桜太くんですが


何者だ!?
土曜日に再会したぽんちゃんには、こんな顔
ワンワンギャンギャンしてしまいます
一方ぽんちゃんは、この時ぐっすり寝ています
ある意味『大物』?

この日は、パパとママがベビ-カ-を買いに行っている間
ぽんちゃんを預かったのですが
ぽんちゃんがいること自体には慣れてきた桜太も
とうさんとかあさんが二人でぽんちゃんに向いていると
またワンワンしだして、どうやら『やきもち』をやいているのでは?
ということになり、どちらかが桜太の相手をするようにしたところ
ワンワンが治まりました
これってやっぱり『やきもち』でしょうかね~?
いずれにしてもぽんちゃんと桜太が仲良くできるのは
もう少し先のようです

ところで、ぽんちゃんは時間がたつにつれてご機嫌斜めに・・・
ミルクだ おしめだ 抱っこだ と大騒動でしたが
パパとママが帰って来たら、とたんにニッコリ
こんなに小さくても、パパとママがわかるんだね~と感動
パパもママもいないお留守番は初めてだったぽんちゃん
きっと時間と共に不安になったんでしょうね
これからも時々預かって、ぽんちゃんが安心していられるように
慣れてもらいたいなと思ったじじばばでした



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

子守犬守お疲れ様でした。
桜太君は、兄弟が増えたくらいに思ってるのかもしれませんね。
ヤキモチやくのは可愛いですが、
寝た子を起こさないかヒヤヒヤですね。
そのうち、桜太君が面倒見てくれるようになるかもしれませんね。

桜太くんは甘えん坊さんだからきっとヤキモチですね(^.^)
ぽんちゃんがもうすこし大きくなると桜太くんと一緒に遊べるのにね。
お孫さんというのは、子供(娘や息子)と違って可愛さがさらに増すと聞いたことがあります。
桜太かあさんもそうですか?
桜太くん、でも大丈夫!
桜太くんが大事だって思ってくれてるよ(^.^)

桜太母さん(^^)/
小さな命をダッコする感動~いいな~!(^^)!
そう言えば(確か)今朝のNHKでダックス君を見習ってバリケードを突破するハイハイベビーを紹介していました
ぼんちゃんも桜太兄さんの後を追う日が来るのかも~楽しみですね

それは間違いなくヤキモチですね(*^_^*)
でも可愛いですね・・・ 桜太君もまだ赤ちゃんの存在がどういうものか認識出来ていないのでしょうね・・・パパやママの大事な家族と理解できれば きっといい関係になれるのでは?
これから 何だかんだと理由つけて 赤ちゃんを預かると桜太君とも仲良しになれるし 孫ちゃんにも会えて一石二鳥!(*^_^*)

うふふ、やきもち桜太君、可愛いですね。
でもすぐに慣れて、ぽんちゃんも家族だって認めてくれますよ。
我が家はお盆とお正月は、柴犬保育士さんいっぱいの保育園と化しています(笑)
子どもも成長すると遊んでくれますしね。
久しぶりの赤ちゃんの感触、新鮮ですよね。
自分もやってきたことなのに、泣かれると妙にオロオロしてしまうものですね。
じじばばはパパママにはかないませんからね。

yushipapa さま

赤ちゃんの子守りというのは、自分の子供以来ですから
とっても疲れました~
おまけに、いつも静かな桜太まで大騒ぎだったので・・・

さくらちゃんが、子供さん達のお相手をするように
桜太が子守りをしてくれるようになる日がくるのでしょうか~?

*はなママ* さま

めったに吠えない桜太が大騒ぎなので、ちょっとビックリです
しかも『やきもち』をやくとは・・・
赤ん坊がもう少し人間らしくなってくれば、違ってくるでしょうか~?

孫が子供よりかわいいか・・・はまだ実感としてないのですが
「しっかり育てなければ」という親としての責任感がない分
ただかわいがってしまうかもしれませんね(笑)

Aggony さま

久々の生まれたて赤ちゃんに、最初は抱っこも怖々でしたが
だいぶ慣れてきました
産まれたばかりの頃は「こんなに小さかったかな~」と感じましたが
なんと一ヶ月半で、身長10㎝、体重2㎏も増えたとか・・・
一緒に暮らしていない分、会う度 成長の早さに驚かされます

桜太は、友人の一歳のお孫さんにリ-ドを持たれ、歩調を合わせて歩く
ということができるので、ぽんちゃんがそれくらいになって、
人間らしくなったら大丈夫なのではと思っています

茶々ママ さま

やはり、ヤキモチですよね~
桜太は呑気で、お友達犬が私に甘えても、おもちゃを取られても
全然気にしない子だったので、思いがけないことでした

そうですね~ 度々預かって、だんだんに慣れてくれるといいなと
思っています

藍 さま

桜太がやきもちをやくとは、驚きでした!
凜ちゃん達のように、上手に相手ができるようになってくれると
いいのですが・・・

本当に、泣かれると焦ってしまいますよね~(笑)
パパママが帰って来て、声が聞こえたとたんに
嬉しそうな表情に変わって、本当に驚きました
こんなに小さくても、パパママと一緒にいると安心って気持ちが
できているんですね

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 9歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)