のんきなお庭番

桜太の日常
02 /09 2016
晴れだけれど雲の多い毎日の桜太家地方
月曜日の朝の富士山は



不思議な雲 1
こんな雲をまとっていました



不思議な雲 2
ぽこっと出た雲がおもしろい



視線の先には・・・
そんなお天気の中、午前中はお庭番に精を出す(?)
柴犬桜太・・・視線の先には・・・



ヒヨドリだったり
えさ箱の中のみかんをついばむヒヨドリ
桜太がいても いろんな野鳥が来ています



[広告] VPS


突然飛び起きて吠えるも、視線の先には何もなく
何に吠えているのかはわからず・・・



甘える
あやしい影が見えたんですよ~
と言い訳しつつ 甘える桜太でありました

え~ 寝ぼけたんじゃないの~



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

桜太くんはきっとメジロさんを守っていたんだと思いますよ(*^_^*)
気持ち良さそうですね(^^♪
メジロさんで思い出しましたが 兄もみかんをメジロのために木の枝にさしていたら つがいでメジロがお庭に来て そのあと一羽がサッシのガラスにぶつかってきて ウッドデッキに落ちてしまったそうです
部屋の中から見ていると もう一羽のメジロがず~と倒れたメジロを起こすように くちばしで突いていたそうです 結構長い間だったからさすがに気になり 助けようとサッシを開けようとした瞬間 倒れていたメジロが起き上がり つがいで一緒に飛び立ったそうです
メジロの深い愛情を感じたと言っていました
ヒヨドリさんは あまり来てほしくないけど メジロさんにはという思いから いつもみかんを枝にさしてあげているようです
とてもなごみますね
桜太くんも うっとりしていたのでは(*^_^*)

きれいな青空、雪をかぶった富士山、そんな中、の~んびりお庭番の桜太君ですね。
つがいのメジロも優しい柴犬さんだって、わかってますね(笑)
まったりな桜太君に癒されます。

おうちゃん夢でも見たんでしょうね(笑)
メジロさんてうぐいすかと思う色なんですね。
おうちゃんのお家の庭広いからお散歩いらないんじゃないかと思いますね!
ここでいつもセコム犬してるのですね!
肝心なときは寝てそうな気がするけど(^_^;)

茶々ママ さま

お兄さんのメジロのお話はすごいですね
確かにメジロはいつもつがいで来ていて、お互い鳴き合って
危険を知らせていて、絆の強さを感じます

せっかくメジロが来ていても、ヒヨドリが追い払ってしまうんですよね
桜太がメジロを守ってくれるといいんですが・・・

藍 さま

晴れた日は、日差しが暖かいので、桜太ものんびりしています
鳥たちが来ていてもほとんどお構いなしの桜太ですから
鳥たちも安心しているようです
いるだけで猫さんよけにはなっているかもしれませんね

*はなママ* さま

絶対、寝ぼけてますよね(笑)
日向ぼっこしながら、大抵寝ていますからね

メジロの羽の色は美しいですよね
うぐいすはもっと落ち着いた色で、メジロの方が鮮やかな色なんです
日の光を浴びるとさらに明るく輝いて綺麗ですよ

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 8歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)