エリザベスカラ-生活 脱出?

病院
06 /12 2012
桜太母>桜太が、病院でエリザベスカラ-をつけられてしまって7日目・・・
カラ-が取れることを祈って、いつもの病院へ


ドキドキ1
待合室で、緊張の桜太・・・本当にブルブル震えちゃいます。


そして20分後


公園1
いつもの 大きな公園に来ていました。


公園3
はいっ!! このとおり
エリザベスカラ-は、はずしていいことになりました。
傷はかさぶたもとれて、きれいになりましたよ。


公園2
久しぶりに、すっきりして、桜太は大はしゃぎ・・・


公園4
朝散歩をしてすぐに病院 → 帰り道にこの公園だったのに、元気に歩き回りました。
前日に雨が降ったせいか、公園の空気がしっとりしていて、静か・・・
今日は年配の方々が、たくさんお散歩してらっしゃいましたよ。

薔薇は、もう盛りを過ぎ・・・先週来たときに綺麗だったツツジも花が終わってました。
でも、木々の緑がきれいでした。


この公園は、桜太家と動物病院との中間点にあるので、病院で頑張った(?)ご褒美に
お散歩することにしています。


さてさて、充分歩いて帰宅した桜太くん・・・実は病院の先生と母さんが交わした
秘密の約束があったことを知ったのでした。



不満
散歩の時はカラ-をはずしてもいいけれど、
様子をみて、家にいる時にまだ患部をなめるようだったら
カラ-をつけていること・・・なめると すぐにもとどおりになるからね。


家のベットにゴロンした桜太くん・・・さっそくペロペロしはじめちゃったんです
母さん ガックリ・・・
桜太  怒 怒 怒 ・・・


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
FC2 ブログランキング
ブログランキングに参加しています
クリックしていただけると嬉しいです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 8歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)