無事に済みました

病院
06 /14 2014
梅雨とは思えない晴天、風が爽やかな桜太家地方です。

昨日は、桜太の手術について
ご心配、応援いただきありがとうございました。
10時に入院し午前中に手術を終え、
3時30分に退院して、無事に家に帰ってきました。


どこ行くの~?
病院に行く前は、どこ行くの~とごきげんでしたが


きゃあ~
病院に着いたとたんにジタバタ


げっそり
帰りはゲッソリ


ぐったり
家にかえってきても グッタリ
水も飲まず横になっていた桜太でした。
歩いても力がなく、後ろ足が内股になっていて
写真に撮るのもはばかられるほどでしたが


お目々まんまる
今朝は、だいぶ元気になり
朝散歩も行ってしっかり歩き、ご飯もしっかり食べました。
写真は、私が持っているおもちゃを目で追っているところです。
一緒におもちゃで遊ぶほどの元気はないようですが
目に力が戻ったので安心しています。

手術の前に行った血液検査の結果も 特に問題なかったそうです。
先生がおっしゃることに
「通常、男の子の場合は、術後の痛みもなく手術の傷をなめ壊してしまうことも
少ないけれど(今までの経験から『気にし屋』の桜太くんなので)、念のため
抜糸までエリカラをつけた方がいいでしょう」
とのことでした。
しかも、なめたら(舌が)痛いように、金属の糸で縫ってあるそうです。

小さい頃からの桜太をよく知っていてくださる先生ならではの配慮です(笑)

そんなわけで、しばらくエリカラ生活は続きそうですが
とりあえず、手術は無事済みました。

今後は『去勢手術のあとは、男の子特有の性質が穏やかになる』
との説が(もともと中性的な性質の)桜太にもあてはまるのかどうか・・・
気になるところであります。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは。
桜太くん、無事に手術終了、お疲れ様でした。
抜糸まで、エリカラが窮屈そうですが、今後の病気のリスクが減ったので、かあさんも一安心ですね!

桜太君、無事に手術が終わってよかったですね。
桜太君もかあさんもお疲れさまでした。
男の子の手術って日帰りなんですね(ビックリ)
凜たちは術後2日くらいはつらそうにしていて、見ているのも可哀想でしたが、比較的元気そうで安心しました。
しばらくエリカラ生活ですね。
桜太君、もうちょっと我慢しようね。
我が家も翔の身の振り方を考えなくては…夏休みの宿題になりそうです。
どうかお大事に。

おうちゃん お疲れさま。
そして桜太母さんも^^
性格もよく分かってくれている
かかりつけの先生がいると安心ですね
今でも十分ほんわか柴男子のおうちゃん
変化があるのでしょうか?
早く抜糸がすむといいね おうちゃん^^

桜太君、無事手術完了おめでとう!
あとは抜糸を待つだけですね。
次の日から普通にご飯食べてくれたら安心ですね。
しばらくはエリカラで不自由だけど、ガンバってね!

桜太ちゃん、桜太かあさん頑張りましたね。
無事に手術が終わって良かったです。
少しでもはやく体が回復してくれる事を願っています。
どんな手術でも、本当にドキドキして心配ですよね。
よくしてくれる先生みたいで、安心ですね。
ゆっくり休んで下さいね。

無事に済んでよかったね!
内またになっているってとこには
桜太君には悪いけどチト笑ってしまった・・・。
それでも今はじめじめしてるから
傷が炎症をおこしたりしないといいね。
うちの準レギュラーの黒柴のコタ君は
散歩の途中で傷口が開いちゃって血が出たって。
11キロのコタ君を抱えて死ぬ思いして家に帰ったって
コタ母さんが言ってた。
何があるか分からないから早く安心できるといいね。
お大事に!

何かにつけ心配をし続けるのが母の宿命のようです・・・かあさんのお気持ち遠くより察します
桜太くん、いつもの生活に戻りたいね~お大事にね(^^)/
マーティは生後半年での手術でしたから、あんまりダメージは感じなかったけど、乙女な男子であることは間違いないです
そうそう、先日、枇杷の葉が香るとコメントしてしまいましたが、正しくはイチジクです
散歩しながら「無花果という文字変換をしなかった」と気付き、自分の発言を疑問に思いましたら、したり顔で「枇杷」などと・・・
本当に、お恥ずかしいですが、訂正してお詫び申し上げます(/_;)

ごぶさたです。
桜太くんの手術が無事に済んでよかったですね〜
なめ防止の金属の糸なんてあるんですか!
しばらくエリカラ生活は大変ですが、早く元気になっておさんぽを楽しめるといいですね。

無事に終わってよかったですね(≧∇≦)
げっそり顔の桜太くんと、内股に爆笑しちゃいました
ごめんね〜(笑)
これからどんな感じになるんでしょう?
穏やかな子は変化わからないんじゃないかしら?

ワンコ達のパパ さま

ありがとうございます。
ずっと気になっていたことが済んだので一安心です。
防げる病気は防いであげたいですものね。

藍 さま

ありがとうございます。

男の子は女の子と違って開腹手術ではないので
手術時間もごく短くて回復も早いそうです。
女の子は大変なんですね。
そうですか、翔くんもね・・・若い方が麻酔のリスクも低いそうなので
本当は早いほうがいいですものね。

asamichi さま

ありがとうございます。
手術を受けるにあたって、最近行き始めた新しい病院と
子犬の時からお世話になっている病院とどちらにお願いするか
迷いましたが、やはりずっとお世話になっている病院にしました。
桜太も先生や看護師さんになれているので、安心かな・・・と
やはり桜太のことをわかってくださっているので良かったと思います。

今のところ、精神的な変化はないようですが、どうなりますか・・・

Yushipapa さま

ありがとうございます。
抜糸まで10日ほど、エリカラで頑張ります。

男の子は開腹手術ではないので、術後の痛みもなく
女の子に比べたら だいぶ楽なようです。
思ったより早く元気を取り戻したので、私も驚きました。

春桜 さま

ありがとうございます。
おかげさまで、もうだいぶ元気になりました。
男の子は、女の子に比べて簡単な手術なのだそうです。
女の子のように傷を保護する布や洋服などのものはなく
そのままの状態で帰って来たので、びっくりしました。

OOOTAFUKU さま

ありがとうございます。
今はすっかり内股もなおって、普通に歩けるようになりました(笑)
コタ君、タイヘン! そんなこともあるの?
確かに患部がそのままで保護するものがないので
気をつけないとですね。
炎症をおこさないためのお薬が苦いのか おやつで包んでも
ペッって出しちゃうので、苦労して飲ませています(笑)

Aggonya さま

ありがとうございます。
人間の子も犬の子もいくつになっても心配がつきませんね(笑)
マ-ティ-くんは、早くに手術したんですね。
本当は早くした方がね、手術の後がきれいなんですって!
桜太は6ヶ月頃、自分でジャンプして着地の時に足を骨折し
手術をしてました(涙)

無花果の件、訂正ありがとうございます。枇杷よりさらに
香りが薄そうだけれどそうなのね?
散歩道に無花果の木があるから、今度試してみます。
実は、私 無花果が好きなので家で育てようかな~と思っているのです。

ぱん父 さま

ありがとうございます。

ようやく手術を受けました。
金属の糸の本来の目的が舐め防止かはわかりませんが
先生はそうおっしゃっていました。
確かにさわるとかなりチクチクしますが、
それでも気になって舐めようとするので困ります。

女の子に比べて簡単な手術だそうで、思いの外回復が早く
もう元気に散歩もできるようになりました。

こ-たまま さま

ありがとうございます。

げっそり顔、ひどいでしょう?
まだ麻酔が充分覚めていなかったのか、片目がちゃんと
開いていなかったんです。
内股は、このままなのかとちょっと心配してしまいました(笑)

今のところ これといった変化は見られませんが、どうなるでしょうね~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 8歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)