小正月の行事

桜太の日常
01 /16 2013
桜太母>関東甲信越地方に大雪が降った月曜日・・・
大雪の中、お仕事や成人式だった方々には大変な一日だったと思います。

桜太家地方は、雪は降らなかったものの 一日中雨だったので散歩にも行けず
お家ごもりの一日でした。


翌火曜日・・・お散歩に出てみると


大雪の翌朝
富士山は裾の方まで真っ白・・・


真っ白富士山
桜太<富士山 すごいですよ


お庭をクンクン
けれども、とってもいいお天気だったので、お散歩後はお庭でクンクン


ひなたぼっこ
のち ひなたぼっこ


ひなたぼっこ2   ひなたぼっこ3


ひなたぼっこ4   ひなたぼっこ5
天日干ししていたケ-ジに わざわざ入ってくつろぐ桜太なのでした


小豆粥
ところで、15日は小正月・・・前日の14日は「どんど焼き」をしますが
15日の朝に 桜太家では 「小豆粥」を食べます。
七草粥に比べて あまり話題になりませんが、私の祖母はよく
「片粥(かたがゆ)するもんじゃない」と言って、必ず七草粥と小豆粥をしました。
桜太家地方の家で みんなしているかどうかもわかりませんが、
みなさんのお家はどうでしょうか?

ちなみに、調べてみると
「七草粥」には、お正月のご馳走で疲れた胃を休め、一年の無病息災を祈る
「小豆粥」には、鏡餅を小さく切ったものを加え、邪気を払うとともに五穀豊穣を祈る
などの意味があるようです。


 
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけるとうれしいです






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

小豆粥って知らなかったんですよね~
7草粥は食べたがら、食べた方が良いんでしょうね…
考えてもらおう…ママにf^_^;

晴れてよかったですね!
桜くんのご満悦の寝姿
癒されますよ\(~o~)/

Yushipapa さま

そうですよね~ 七草がゆは、ス-パ-でもパック入りの七草が売っていたりするんですが 小豆がゆのことはあまり言いませんよね。私も由来や意味などあまり知らずにいたんですが、今回調べてみて、
一応 伝統行事としてあることを確認したというわけです(笑)
でも、七草粥に抵抗のあるお子さんでも 小豆粥は食べやすいとおもいますよ。

タロ-ままさま

わざわざ、狭い所に入って ひなたぼっこする姿に笑ってしまいました。
相変わらず のんびりな桜太です。

前足 後ろ脚ともピーンi-179
ポカポカで、丸まらなくて良かったからかな^^
お顔だいぶ外出てるけど~おうちゃん^^

七草は話題にあがるけれども 小豆粥は話題に上がりませんよね~
うちも母が 七草食べたら小豆も!って人なので
七草~11日に鏡開きでおしるこ そして15日に小豆粥っとキッチリ頂いてます^^
同じですよ でもね ご近所さんに聞いたら 鏡餅もナシって家がありました

お天気が良く気持ち良く日向ぼっこができたよね~
桜太君 たくさん寝れたかな?

asamichi さま

日なたにいるとぽかぽかで、だらり-んと伸びてる桜太です。
顔がはみでていても 気にしな~い そうです(笑)

ぽけちん☆さま

そうです そうです 鏡開きのおしるこも同じ!!
桜太家地方では、小中学校の給食にも11日にはおしるこが
出るので、それはみんな同じらしいのですが、
やはり小豆粥のことは、あまり聞かないです。
ぽけちん家が小豆粥をすると聞いて嬉しいです。

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 8歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)