桜太のしっぽ

桜太の日常
12 /23 2012
桜太母>あ~ またやってしまった!!
リビングのソファで寝てしまっていた母さん・・・
しかも、いつもなら 夜中に起きて、寝室に移動するのに
もう朝になるよ・・・

と焦りつつ ふと見ると
いつもは玄関のケ-ジで眠る桜太も リビングで寝ている!!
のぼせ症の母さんは、家族がいなくなると暖房を切ってしまうので
部屋は少し寒い...
あらあらと毛布をそっと掛けると


毛布を掛ける
そのまま眠っている・・・
いつもは嫌がって、すぐに剥いでしまうので
わ-いと思って 記念にパチリ



ところで、今更言うのもなんですが



桜太の尻尾 ふさふさ
桜太の尻尾は巻いていなくて、
背中の上にちょこんと乗ってる「差し尾」です。


飼うんだったら 絶対「柴犬」と思っていた桜太一家ですが
「柴犬」についてよく知っていたわけではなく


赤ちゃん桜太の尻尾
今 改めて見ると、我が家に来た時から桜太の尻尾は「差し尾」でしたが
(当たり前か) それを特に気にしていませんでした。

ところが最近、犬のしつけ本を読み返していたら
「日本犬の特徴である巻き尾」とか「くるんとした巻き尾の子が多いが」
などの記述があり、今更ながら「あら?差し尾って少ないの?」と
気づき、まじまじと桜太の尻尾を見てしまっている次第です。


そういえば、本当の兄弟であるユッキ-は、きゅきゅっと巻いた巻き尾
です。兄弟でも違うのね。


とはいっても、差し尾はお手入れも楽だし、
背中の上で ふぁさふぁさ揺れる尻尾はかわいいし・・・
文句はないんですけれどね


尻尾の先っぽ
ただ悩みは、いつも背中に乗っているので
尻尾の先が、こんな風に いつも割れていて
巻き尾さん達のように しゅっときれいにそろっていない事です。 
これがどうにも気になって、なでなでしては揃えている母さんです。


まあ、たいしたことではないんですけどね(笑)


桜太の尻尾 向こうが見える
尻尾の穴から 向こうが見えま~す(笑)



にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています
クリックしていただけると嬉しいです

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは。

柴犬の差し尾について、一言コメントしますね。
桜太君のシッポ、見事ですねえ。
あのね、差し尾は背中にはシッポはつかないのが差し尾なので、桜太君の場合は、「たたき尾」と言うんです。
背中を歩くたびにポンポンとたたくのでそう名づけられたようですよ。
いづれにしても数は少ないですが、立派な柴犬の特徴なので大事にしたいですね。

お布団かけてもらった桜君!
かわいいです!!
ほんとトベストショットですよ!ママさん(^_-)-☆
またリビングオネム楽しみにしてまーす(^^♪

この時期注意しないと風邪ひいちゃいますよ~。
尻尾もイロイロですね。
うちのさくらまぐるぐるですが、それが背中に乗ってるので、背中に割れ目がありますf^_^;

のり 様

コメントありがとうございます。
そうなんですかあ 「差し尾」についてもよく知らなかったのですが
「たたき尾」というのは 初めて聞きました。
確かに、歩くときにぽんぽんと 尻尾が背中をたたいているように弾みます。

専門家ののりさんから 確かな情報を教えていただいて
桜太の尻尾「たたき尾」って言うんだって 柴犬の特徴の一つなんだってと
家族みんなで嬉しい気持ちになりました。
ありがとうございました。

タロ-ままさま

洋服はもちろん 何かを体に掛けることも大嫌いな桜太なので
毛布を掛けて眠る写真は初めてでした。
掛ければ暖かいだろうと思うのに、すぐにブルブルしてとってしまうんですよ。
この写真の後も ブログを書いているうちに いつのまにか横に落としてありました(涙)
私もリビングで毛布を掛けて眠る桜太が また見たいです。

おうちゃん、桜太かあさん Merry Xmas!v-353v-25
仔犬の頃の おうちゃんの小さなシッポが
なんとも言えず可愛くて^^
大きくなったねえ、なんて親戚のおばちゃん気分?
柴犬さんのシッポや耳に目がない私
桜太かあさん これからも お手入れお願いいたします^^

Yushipapa さま

おっしゃる通り・・・また風邪をひかないように、気をつけま~す。

そうそう、桜太も 尻尾が乗っている背中はいつも平らになっています。
巻いてる尻尾が背中に乗っているのを 横からみたらかわいいでしょうね。
私の知っている巻き尾さんたちは、確か巻いた尻尾がお尻の横についている形だったと思います。
本当に尻尾もイロイロですね~

asamichi  さま

 Merry Xmas! ありがとうございます。

桜太の尻尾・・・本当に細くて小さかったですよね(笑)
柴犬さんの耳や尻尾が好きっていう気持ち、すごくよくわかります。
三角で厚みがある耳なんか 特にぷにぷにさわりたくなりますよね。

桜太は尻尾をブラッシングしたり、耳を拭いたりするのをいやがらないので
とっても助かるんですよ。お手入れがんばりま~す。

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 8歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)