わんこ連れ 岐阜への旅 6

おでかけ
09 /05 2017
月曜日の最高気温は27℃だった桜太家地方
涼しい風が吹いて、冷房いらずの一日でした


今日の空
夕方散歩の時の空


さてさて「わんこ連れ 岐阜への旅 6」
ようやく最終回です


旅の3日目、気温20℃の奥飛騨温泉郷を後にして
いつものように寄り道しながら家に帰る旅です
長野県に出てから寄り道したのは
「国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)」の近くにある
「烏川渓谷緑地」です
以前『sakura*diary』のpatakkoさんに教えていただいて
行ってみたいと思っていた所です


案内図
「烏川渓谷緑地」は、烏川に沿った自然豊かな公園です
着いた時には少し雨が降っていたので、桜太はカッパ着用


橋
でも、すぐに雨は止んで 晴れ間も見えました


木に囲まれた道
木に囲まれた道を歩いていると
すぐそばを烏川が流れていて


流れ



流れ2
木々の間から自然の姿を見せてくれます
道が流れのすぐ近くを通っている所もあります


橋2
吊り橋を渡っていくと


遊び場
右手に見えるえん堤の上には水遊びをしている人たちが


水遊び
私達も降りていって、ちょっと水遊び
そこは、それまでの速い流れとは違って
浅くて緩やかな流れになっていました


ビオト-プ
さらに歩いていくと、並んで流れている小川があって
そこにはビオト-プがありました


ビオト-プ2
ビオト-プの生き物たち


   花   花2

花4   花3

ビオト-プの辺りで、来た道を引き返して駐車場に戻りました
お弁当を車に置いて行ったので
車の中で昼食にしようと かあさんが手を洗いに行くと
とうさんが慌てた様子で車をバックさせてきて「早く乗って」と・・・

なんとかあさんが車から降りてトイレに向かうすぐ後ろを
猿が走って横切ったそうなんです!!


猿
で、そのまま また駐車場に戻って
猿を観察しながらお弁当を食べることに・・・(笑)
わかりにくいですが、写真中央の矢印の所に猿がいます
何か食べているのかずっとその木にいて、時々下に降りて来たり
上に上ったり・・・結構大きくて、桜太くらいあるようでした
しかも毛の色が桜太とちょうど同じなんです

見ているうちにも駐車場にやってくる車が何台かあったので
一応「猿が近くにいるから気をつけて」と伝えました


しばらくして、猿がいなくなったので帰ることに・・・
すると 駐車場を出たところで


猿発見
前方に道を横切る猿を発見


猿の群れ
近づいてみると 今度は小猿を連れた群れでした
親猿も先ほどの猿より小さかったので
こちらはメスの猿と子どもの群れで、先ほどのはオスでしょうか?

というわけで、思いがけない出合いのあった
「烏川渓谷緑地」だったのでした
パンフレットには
「ニホンザルは園内でよくみかける大型ほ乳類。うまく共存していきたいものです」
と書かれていました


富士山
朝霧高原まで帰ってくると なんだか秋のような景色が
出迎えてくれました



美しい日本の風景をみて、美味しい物を食べて いろんな出合いがあって
楽しい2泊3日でした
長い旅行記におつきあいいただき ありがとうございました


ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村















スポンサーサイト

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 9歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)