優しいなでなで

桜太の日常
05 /01 2017
今日は突然の激しい雷雨にビックリだった桜太家地方
午前中には暑いほどの晴天だったので、うっかり洗濯物を
濡らしてしまったお家も多かったようです


雷雨
これは、前々日の夕方の空
この日も 夕陽が見えているのに黒い雲がどんどん流れてきて
雲の中ではゴロゴロと鳴り響く雷
しばらくして、やはり突然激しい雨が降ってきました
急に暑くなって、お空も不安定な感じですね


さてさて、GWに突入しましたが
出だしはどこにも行かずのんびりだった桜太家


見てみて-
日曜日には、午後からぽんちゃん一家がやってきて
一緒に晩ご飯でした

ぽん>ねえねえ、みてみて~


こっち来て-
ますます動きが活発になったぽんちゃん
桜太家に来ると一番の関心事はやはり桜太くんです

ぽん>もっとこっちにきて-

と言っているかのように何やら話しかけるぽんちゃんです
はっきり言えるようになってきたのは
ママ
じ-じ
えっと~
どうぞ~
などなど・・・

あと 今はあかちゃんの手話みたいなのがあって
「飲みたい」 「食べたい」 「おいしい」
「あけて」 「もっと」 「ちょうだい」 などなど
ママやパパとの会話ができるようになっています


優しく
そして、桜太のことを優しくナデナデできるようになりました
これは大きな進歩


ね-
ぽん>ね-

というわけで、急に距離が縮まった二人なのでした



おまけ


甘夏みかん
裏庭の甘夏みかんを収穫
今年は20個なりました
大きくて重いのに、あっちへ運んだり、また持ってきたり
ぽんちゃんのおもちゃになっていました


春のバスケット
かあさんの作品第25号
これは4月初めに作った「春のバスケット」


ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村

スポンサーサイト

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 8歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)