笛吹川フル-ツ公園

おでかけ
04 /16 2017
11日(火)の最高気温12℃から翌日一気に20℃越え
その後20℃以上の晴天が続く桜太家地方
今日も好天高温の一日でした

さてさて、今回のタイトル『笛吹川フル-ツ公園』を見て
「もしや?!」とピンときた方は
『かぼすちゃんとおさんぽ』ファンですね


かぼすちゃんと
はい、かぼすちゃんとかぼすママさん、かぼ父さんに
お会いしてきました~
せっかくの記念撮影なのに、桜太くんはだっこ拒否で・・・
でもかぼすちゃんも桜太も笑顔の写真が撮れました


撮影会
実は桜太家、カ-ナビに従って向かったところ
あちこちで渋滞につかまり、1時間40分で着く予定のところ
2時間半もかかってしまい、大幅に遅刻(涙)
着いた時には各わんこごとの撮影会が行われていました
(矢印の左がかぼすママさん、右がかぼ父さん)


リクちゃん
撮影会の輪の外側では交流会が行われました
『リクちゃん』と笑顔で・・・

リクちゃん家のパパさんは、Flickr(フリッカ-)で写真を公開されています
リクちゃんパパのFlickrはこちら → 『BUN world』


きなこちゃんと
こちらは『きなこちゃん』
12歳のお姉さんです


きなこちゃん2
帰宅してから写真を見たら
きなこちゃんと桜太、なんか似てるな~と思ってほっこり

他のわんこさんとご家族ともお話したけれど
ご紹介する許可をいただきそびれてしまいました
みなさん初めてお会いしたのに、やはり柴談義で盛り上がりました~


さくら
かぼすちゃんとさよならした後
桜太家はフル-ツ公園内をのんびりお散歩
桜が満開、はらはらと散り始めでした


はなもも
ハナモモの階段や


枝垂れ桜
枝垂れ桜


花壇
モザイク模様の花壇など、公園内は花でいっぱい


そして、なによりも素晴らしいのは


桃源郷
眼下に広がる桃源郷


桃源郷
建物以外のところは桃畑で、満開の桃のピンクが
見渡す限り ず-っと向こうまで広がっています
(霞とカメラの限界でわかりにくいですが・・・)


桃畑
これは帰りの車の中からですが
この桃畑のピンクを山の上から見下ろしているのです


ソフトクリ-ム
公園の一番高い所まで登って
お決まりのソフトクリ-ムで休憩
期待でワクワクの桜太くん
(ソフトクリ-ムにピントが合っちゃいましたが)
ちょっぴりだけおすそわけ

その後、ゆっくり下りながら
途中のテラス席わんこOKのレストランで昼食
そのころまでには、あんなに晴れていた空が雲でいっぱい
食事が済んでレストランを出ると、大粒の雨が降ってきました

かぼすママさんが、ママさんとかぼすちゃんのことを
『ス-パ-晴れ女とス-パ-晴れわんこ』と
おっしゃっていたのですが、正にその通りでした

ずっと『かぼすちゃんとおさんぽ』の中で見ていた
かわいいかぼすちゃんと素敵なママさん父さんにお会いできた
夢のような一日でした
かぼすちゃんは、とってもふわふわでかわいい女の子でした

一度見てみたいと思っていた桃源郷も見られたし
声をかけてくださったかぼすママさんに感謝です
ありがとうございました

桜太と挨拶してくれたわんこさんとご家族のみなさん
ありがとうございました



おまけ

ど根性ガエル
フル-ツ公園のある山梨市は『ど根性ガエル』の
作者吉沢やすみさんの故郷だそうです


桃のポスト
こんなポストもありました
桃と富士山



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村

スポンサーサイト

雨の一日と女子旅

おでかけ
11 /20 2016
土曜日は、朝から雨だった桜太家地方


丸くなる
寒かったので、丸くなってお昼寝


ガリガリ
時々おもちゃで遊んだり


開き
かあさんと遊んで、ひらきになったりの一日


夕方散歩
やっと雨がやんで、夕方散歩に出た時には薄暗く
周りの音や何かの気配に警戒マックスの桜太くんでした

前の日は、とってもいいお天気で


北口本宮富士浅間神社
かあさんは、フラダンスの先生や仲間達と
山梨県へお出かけでした
こちらは、北口本宮富士浅間神社(富士吉田市上吉田)


参道
長い参道の奥に大鳥居
その奥に拝殿が見えてきます


次朗杉


銀杏
大きな木々に囲まれた参道や拝殿は
富士宮の富士山本宮浅間神社とはまた違った
神々しさのある神社でした

神社のすぐ近くの『浅間茶屋』で山梨県の郷土料理ほうとうを
味わった後


桂川
次に向かったのは、敷地内に桂川が流れるという
立派な庭園で有名なホテル『鐘山苑』(かねやまえん)


桂川2
ホテルの宿泊客でなくても庭園を散策できます


紅葉3


休憩所


紅葉


紅葉


紅葉2
紅葉の見ごろは、もう過ぎてしまっていましたが
庭園のあちらこちらにある休憩所で景色を眺めたり
足湯につかっておしゃべりしたり
のんびり過ごしました


周りの山々
ホテルの喫茶室からは、さらに周りの山々の紅葉が
見られました


富士吉田からの富士山
これは、帰り道に見えた夕焼けの富士山
ホテルの部屋や露天風呂からは、雄大な富士の姿が
見られるそうです
この写真ではわかりにくいですが、桜太家地方から見る姿とは
ずいぶん違った姿でした

というわけで、またまた山梨県の奥深さを知った女子旅でした


ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村






昇仙峡

おでかけ
11 /06 2016
穏やかな晴天が続いている桜太家地方
富士宮では、秋のお祭りが開催されています

さてさて、先日の文化の日、ちょこっとドライブに出掛けた桜太家
目的地は夏に行った『昇仙峡』です


駐車場
『昇仙峡』の上流の『新静観橋』付近の駐車場
ここから対岸に渡り、下流に向かって遊歩道を歩いていきます


滝の上
夏には気づかなかったのですが、『仙が滝』の落ちる直前の
川岸に降りる場所がありました


仙が滝の上
真ん中の岩の向こうが滝の落ちる場所です
かなりの水量がありました


川を見つめる
迫力ある川の流れに桜太もビックリ


仙がの滝
うまく写せませんでしたが、滝の水量は夏よりも
かなり多い感じでした


覚円峰
今回は、夏に行けなかった仙が滝の先の遊歩道を歩きます
さっそく大きな岩山が見えてきました



石門
『石門』
右側の二つの石はくっついているようで、わずかに離れています


川を見ながら
遊歩道の上から谷を見下ろしながら進みます
途中たくさんのわんこさんに会いました
柴率高し


紅葉は今ひとつ
途中、谷の下の方に降りられる場所もあります



紅葉
紅葉は今一歩というところでした


覚円峰
真ん中に見えるのが『覚円峰』
奥に見えるので高く見えませんが、実際は周りの岩山より
かなり高い昇仙峡の主峰です


遊歩道
しばらく谷底の見えない遊歩道を行きます


羅漢寺橋
昇仙峡の真ん中あたりにある『羅漢寺橋』という吊り橋です
渡って奥に羅漢寺があります


橋の上から
橋の上から


覗き込む
桜太ものぞいてみたよ

この先にいろんな形の岩山が見えてくるはずなのですが
ここまででかなり歩き、とうさんが次の日仕事ということもあって
今回はここでUタ-ン


帰り道
帰りは思った以上に上り坂でした(笑)


疲れました
3時間ほど歩き通しだったので、桜太くんもかなりお疲れ
次回は、昇仙峡の下流から上って見学しようということになったのでした


ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村




女子旅

おでかけ
10 /18 2016
土日曜日は爽やかな秋晴れだった桜太家地方


いい天気
雲一つない青空


富士山と
となれば、富士山と柴犬(乗り気じゃないけど 笑)


お茶の花
垣根のお茶の木に新しい花が咲いていました
本来はこの時期に咲くのが正しいらしいです


ひなたぼっこ
せっかくのお天気なので、かあさんは庭仕事
桜太くんは日向ぼっこ


監督
芝刈りをするかあさんを厳しい目で監督する桜太くんです

こんないいお天気後、月曜には大雨で寒いくらいだったのに
今日は気温が急上昇して、半袖に逆戻りです



さてさて、話はかわりますが
先週、かあさんはプリザ-ブドフラワ-&紅茶教室の先生と
仲間達4人で、ちょこっと女子旅に出掛けてきました
女子旅なので、桜太くんはお留守番です(笑)

テラス席
第一目的地は、夏に行った「八ヶ岳倶楽部」
夏に涼しい風が吹いていた屋根付きのテラス席は
扉が閉められて、暖房が入っていました
建物内は混んでいたので、テラス席へ


窓の外
少し紅葉の始まった外の景色を眺めながら


きのこのパスタ
秋のメニュ-、森のきのこのトマトソ-スパスタ


フル-ツティ-
そして、もちろん「フル-ツティ-」と


黒ごまのモンブラン
胡麻と豆乳のモンブラン

楽しくおしゃべりしながら、おいしくいただきました
紅茶教室でもフル-ツティ-を出してくださる先生は
先生ならではの疑問が・・・お店のおねえさんに質問すると
丁寧に答えてくださいました
美味しいフル-ツティ-の秘密、なるほど納得

偶然隣の席にはかわいい柴犬さんが・・・
とてもおとなしくて落ち着いているので、声を掛けると
「こたろう君」という7歳の男の子でした
たくさんナデナデさせてもらって、桜太はどうしてるかなと
思い出してしまいました


雑貨屋さん
食後には、レストランの隣の雑貨屋さんやステ-ジに入ったり
雑木林を散策したり
ステ-ジの前では柳生博さんと一緒に写真を撮らせていただきました

「八ヶ岳倶楽部」の後は、お約束の「清泉寮」のソフトクリ-ム


清泉寮パン工房
夏には行かなかった 清泉寮のパン工房に寄ってパンを購入


萌木の村
そして次の目的地は「萌木の村」
入り口も


ハロウイン
広場の周りもハロウィンの飾り付けになっていました


紅葉
「萌木の村」も紅葉が始まっていましたよ

そうそう、夏には火事で焼けた姿だった「ロック」は
建物が取り払われて、新しい鉄骨の骨組みができていました
再建は着々と進んでいるようです

「萌木の村」でもかわいいお店をまわって、楽しい時間を過ごしました
お店をのんびりのぞいたり、ああでもないこうでもないと
賑やかに過ごせるのは女子旅ならですよね

そして、家族のお世話のため、6時帰宅を目指して(ちょっと過ぎてしまったけど)
早めに帰って来た女子(?)たちだったのでした



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村



箱根 仙石原さんぽ

おでかけ
10 /14 2016
ぐっと気温が下がり、秋らしくなった桜太家地方


秋の雲
空の高さと雲も秋ですね~

ちょっとバタバタしていて、更新の間があいてしまいました
みなさんのブログへの訪問もお休みしてしまい申し訳ありません


秋の雲2
さて、話も少し古くなりますが
三連休の最終日、毎度お馴染みの「朝思い立って」
箱根にお出かけしてきました


仙石原
今回の目的地は「仙石原すすきの野原」
山の斜面の広大な野原にすすきの穂が揺れていました


仙石原2
すすきの野原の中の道を歩いて行きます


仙石原3
野原の入り口付近は、広くて平らですが


仙石原5
道はだんだんと細く険しくなっていき沢のぼりのようです
でも、私達よりも桜太の方がうまく足の踏み場を選んで
どんどん歩いていきます
人が途切れた時をねらって写真を撮っているので
周囲に人が写っていませんが
本当は人が数珠つなぎになって歩いています

桜太がトコトコ登っているのを見て、皆さんから
「わんちゃん、頑張ってるね~」
「かわいいね~」
などと声をかけていただきました
小さいわんこは、抱っこで登っている子が多かったです


仙石原4
道の周囲は、見渡す限りのすすきの野原で
人間にとっては壮観ですが、
下を歩く桜太にとっては、ただの人だらけの険しい道
だったかもしれません(笑)


昼食
すすきの野原歩きの後には、近くのお蕎麦屋さんで昼食
わんこ連れは庭の席で・・・


昼食2
あたたかい「とろろ蕎麦」


おやつ
桜太くんはおやつを食べました

この日、箱根は雨が落ちてきそうな曇り空で
気温は13℃
温かいお蕎麦を注文したのですが
それでは温まりきれないほど寒かったです


デザ-ト
でも、駐車場に帰る道の途中で
よもぎあんソフト(笑)
ソフトクリ-ムのてっぺんは食べた後ですが・・・


出掛けたのが遅かったので、駐車場に戻ったのが3時頃
このあと大湧谷で黒たまごを買って帰ろうということになったのですが
大湧谷への道が大渋滞の上、大湧谷の駐車場が4時で閉鎖との表示が!!
(情報では大湧谷の開放は午前9時~午後5時でしたが、駐車場は4時まで
だそうです)
Uタ-ンして帰ろうにもUタ-ンする場所がなく、結局 大渋滞のなか
大湧谷の近くまで行ってUタ-ンして帰って来ました~
久しぶりの黒たまごを楽しみにしていたのですが、残念でした

噴火の影響で閉鎖になっていた大湧谷、今年7月に開放されたのですが
やはり火山性のガスの影響を考えて、夜間は閉鎖、駐車場は4時までと
なっているようです
向かっている道の途中でも、なんとなく硫黄の臭いがしたので
「おうちゃんは外に出さない方がいいね」と話したほどでした
帰ってから大湧谷駐車場のホ-ムペ-ジを見ると、
アレルギ-性ぜんそくや気管支疾患、呼吸器疾患、心臓疾患などの方や
心臓ペ-スメ-カ-を装着している方などは、車から降りない方が良い
と書かれていたので、訪問をお考えの方は情報をチェックすることをお薦めします



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村


桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 8歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)