みんなでおでかけ

おでかけ
06 /11 2018
台風の影響はほとんどなかった桜太家地方
みなさんのところは大丈夫でしたか?


どこに行くのかな?
さてさて、前回シャンプ-された桜太
土曜日からとうさん車の最後尾のシ-トに乗って
(いつもは真ん中のシ-ト)お出かけでした


メンバ-は?
今回は、桜太の隣にかあさん
真ん中のシ-トにぽんちゃんとママ
運転席はとうさん、助手席にぽんちゃんパパ
というメンバ-です


ミッキ-
着いた所は、このお方のいる所


東京ディズニ-ランド
東京ディズニ-ランドです(これは、夕方の写真ですが)
桜太は?というと
その日泊まるホテルの中にあるペットホテルでお預かり
またもやペットホテルですが、泊まるのが一晩で済むし


お散歩1
途中で何度も面会したり、一緒にお散歩に出たりできます


お散歩2
窓がミッキ-マウスの形のモノレ-ルが通る
すぐ横の通りをお散歩


海
突き当たりの堤防にのぼると、広い海が見えました


ウェスタンリバ-鉄道
桜太がペットホテルにいる間
私達は、ぽんちゃんの従兄ほっくん一家とも合流して
ウエスタンリバ-鉄道
ジャングルクル-ズ
魅惑のチキル-ム
トゥ-ンタウン
カリブの海賊
と、待ち時間が短めのアトラクションを楽しみました


七夕祭り
なぜなら、この日はちょうど
ドナルドダックの誕生日で
ディズニ-七夕デイズが始まったばかりで
東京ディズニ-リゾ-ト35周年でもあったため
水を買うのにも長い行列に並ぶほどの大混雑でした
本当はイッツ・ア・スモ-ルワ-ルドに乗りたかったのですが
120分待ちということだったので諦めました
以前は、いつでもそれほど待たずに乗れたのですが
今年リニュ-アルしたばかりで、なんとファストパスまでできて
それも夜の時間帯までいっぱいでした


暑い
お天気がよかったため、とても暑くて
ぽんちゃんも水の一気飲みをするほどでした~

それでも ぽんちゃんは、昨年きたときよりも
いろんなことに興味を持って楽しんでくれたのではないかと思います
でも、ホテルの庭で走り回った時が一番楽しそうだったかな?(笑)


ペットホテル
桜太くんは、ペットホテルのお姉さんにかわいがってもらって
とてもリラックスして過ごせたようです
ペットホテルの受け付けには、大きな水槽があって
たくさんの熱帯魚が泳いでいて
これにもぽんちゃん大喜びでした

というわけで、翌日12時のチェックアウトぎりぎりまで
ゆっくりホテル内を楽しんで帰って来たのでした


おまけ

お誕生日2
つい先日誕生日を迎えたかあさん
ランドに着くとぽんちゃんママに
ペタンとこのシ-ルを張られました
するとランド内のいろんな所で、キャストさんたちから
「おめでとうございます」と声をかけてもらいました
自分はシ-ルのことを忘れていても声をかけられるので
その度ビックリ! ちょっと照れくさいでも楽しいサ-ビスでした


お誕生日1
ホテルの部屋に入ってまたビックリ!
ベッドの上がこんなことになっていました~

年齢的には、ついに大台に乗ったのでめでたくもないのですが
ちょっとビックリ嬉しいできごとでした



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村







スポンサーサイト

箱根旅行 3

おでかけ
05 /29 2018
月曜日は午後から雨の予報だったけれど
ずっと曇りだった桜太家地方
涼しい風が吹いて、過ごしやすい一日でした

さてさて、箱根旅行2日目のお話です


朝食
お宿で朝風呂と美味しい朝食の後
ゆっくりして(とうさんはもう一度お風呂 笑)から出発

この日目指したのは 箱根大湧谷
いつもは桜太が一緒なので、移動は車だけれど
今回は他の乗り物にも乗ってみようということで


箱根ケ-ブルカ-
強羅(ごうら)駅に車を置いて『箱根登山ケ-ブルカ-』で
早雲山駅へ


箱根ロ-プウエ-
早雲山駅から『箱根ロ-プウェイ』で大湧谷駅へ


大湧谷1
ロ-プウェイからは、崩れた山肌から吹き出す噴煙が
幾筋も観られました


大湧谷2
大湧谷駅近くから


大湧谷3
2015年に火山活動が活発化して、噴火警戒レベル3になり
入山規制がかけられた大湧谷は、2016年に規制が解かれましたが
未だ立ち入り禁止になっている場所もあります
以前はこの写真で見える斜面の自然研究路を歩くことができたのですが
今は入ることはできません
風向きによっては火山性のガスが流れてくることもあるので
ロ-プウェイに乗る時に「マスク代わりに使ってください」と
濡れティッシュを渡されましたよ


大湧谷からの富士山
この日はとても良いお天気で、富士山もよく見えました
桜太家地方から見える富士山より雪が多いですね


黒卵
大湧谷に来たら必ず食べる『黒たまご』
1つ食べると7年寿命が延びると言われています


たまごアイス
それと、初めて食べた『たまごソフトクリ-ム』
ほんのりカスタ-ドクリ-ムのようなお味で美味しかったです

さて、この後はまたロ-プウェイとケ-ブルカ-を乗り継いで
強羅駅に戻り、車で仙石原へ


そば前
そして、『じねんじょ蕎麦 箱根 九十九』さんで昼食
じねんじょとろろ蕎麦御膳を頼みました
たくさんの種類の中から3品選べる前菜と


自然薯蕎麦
とろろご飯と とろろ蕎麦
右側のじねんじょに そばつゆを加えてのばして
お蕎麦をつけていただきます
(これはとうさんの蕎麦大盛り)


そして次に向かったのは『箱根ガラスの森美術館』です


ガラスの森
入ってすぐのテラスからの景色


ガラスの森2
16万粒のクリスタルガラスでできている『光の回廊』や


ガラスの森3
木に飾られたクリスタルの輝きがとても綺麗でした
写真ではよくわからないので短い動画で


[広告] VPS

光を浴びて輝くクリスタルに目を奪われました


美術館は、ヴェネチアングラス美術館と現代ガラス美術館に
分かれていて、館内はフラッシュをたかなければ撮影OKでした


ガラスの森4
こちらは、現代ガラス美術館


この後、ミュ-ジアムショップで少し買い物をして
早めに帰路につきました
そして予定より早く、桜太くんをお迎えに・・・


ただいま
で、お家に帰ってきた桜太くんです


長いお話におつき合いいただきありがとうございました
箱根旅行記、これにておしまいです



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村



箱根旅行 2 (お宿編)

おでかけ
05 /27 2018
土曜日は雲が多いお天気だった桜太家地方
小中学校が2学期制の我が市では、運動会の学校もありました


アジサイ
庭のアジサイがだいぶ色づいてきましたよ

山アジサイ
咲き始めは白かった紅山あじさいも
紅色に染まってきました

お天気が悪いので色が綺麗に写らず残念です
でも、運動会には暑すぎなくて丁度いい具合だったのではないでしょうか


さてさて、箱根旅行のお話の続きです


宿の部屋
この扉を開けて中に入ると


広い部屋
我が家の玄関より広い玄関と(笑)
ずっと奥まで続くお部屋?!


洗面所
入ってすぐ左側には、洗面所と内風呂とトイレ


水屋
その先には、立派なお水屋
お水屋には、抹茶と煎茶両方のの道具一式
その隣にはエスプレッソマシ-ンまで揃っていました

そして、お水屋があるということは


お茶室
その奥にはお茶室が!
ここには、マッサ-ジ機がありました(驚)


お部屋
一番奥が居室


お部屋2
隣にはソファコ-ナ-


窓の外
窓の外には風流な「せせらぎ縁台」


須雲川
縁台のすぐ下にはザンザンと音を立てて
須雲川が流れています


机
お宿には「ご当地部屋」といってその土地の伝統的技術が
取り入れられた部屋があるそうで
私達の部屋も机や花瓶、


お水屋3
お水屋の置物や抹茶茶碗も寄せ木細工でした
(抹茶茶碗、写っていなかった・・・)

というわけで、しばし部屋のあちらこちらを探検した後
せっかくなので大浴場のお風呂へ

残念ながら写真はありませんが
須雲川に面した外側だけが開放されている半露天風呂で
緑いっぱいの景色もよく、心地よい風が吹いてくるので
のぼせることなくゆっくりと温泉につかることができました
思えば、季節もちょうど良かったのかもしれませんね

あまりの心地よさに滞在中とうさんは4回、かあさんは3回も
大浴場に行きました(笑)


お風呂を楽しんだ後は夕食です
食事は「お食事処」に行きますが、部屋ごとの個室になっています
次々に運ばれてくるお料理に写真が多くなりましたのでまとめました


[広告] VPS

「明治の牛鍋」は、明治のまだ冷蔵などの保存ができない時代
肉の傷みを少なくするために肉は厚く四角く切り
臭みを消すために味噌仕立てだったものを再現しているそうで
味噌に出汁を加えて野菜などの具材を入れていきます

私達の担当の方が調理をして、盛りつけて提供してくれるので
その間に、この旅行が子ども達からの退職記念のプレゼントだと話すと
デザ-トに「お疲れ様でした」のプレ-トが添えられていたのです
これには「これが、星野リゾ-トのおもてなしなんだ」と感動でした


この旅行に出る前に「星野リゾ-トの日本一のおもてなし」について
TVで2度も紹介されていたのを観て
いつも桜太と一緒のお手頃な宿にしか泊まったことがなく
できれば放ってほしい派の私達は、ちょっと緊張して行ったのです
でも、お部屋の案内の後は、こちらが頼まなければ関わることはないけれど
そうした心遣いはあって(その後フロントでもお祝いの言葉をいただきました)
とても温かい気持ちで過ごせたのでした


というわけで、心地よい夜を過ごしたあと(特にとうさんはご機嫌でした 笑)
旅の2日目については、次回に続きます



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村













箱根旅行 1

おでかけ
05 /23 2018
晴天が続いていた桜太家地方
今日は午後から小雨が降ったり止んだりしています


富士山2018.5.21
21日の富士山、雪があと少しになりました


さて、前回シャンプ-をして綺麗になった桜太は
なんと!! 
一泊二日でペットホテルに預けられました
というのも、とうさんとかあさんが
以前お話しした『とうさんの退職ご苦労様会』の時
子ども達からプレゼントしてもらった旅行に出掛けたからです
本当は、ぽんちゃん一家が家に泊まって
桜太くんの世話をしてくれる予定でしたが
ぽんちゃんパパ(M兄)がちょうど出張になってしまったので
桜太くんはペットホテル行きとなったのでした(涙)


ただいま

桜太>がんばったですよ~

でも、いつも預かってもらうホテルなので(4回目?)
とってもお利口に過ごせたようで、オ-ナ-さんに
「すごくいい子でしたよ~」と褒めていただきました


さてさて、旅行一日目に行ったのは
静岡県長泉町にある『クレマチスの丘』
ちょうどいい季節で、クレマチスとバラの共演を
堪能して参りました

写真がたくさんなので、いつものようにまとめましたので
興味のある方はご覧ください(3分半ほどかかります)


[広告] VPS



とても広くてゆったりとした素敵な公園でした
特にクレマチスの種類の多さに感動でした
多すぎて全てを紹介できないので、かあさんのお気に入りで(笑)

ヴァンジ美術館で『ミテクレマチス』と題して展示されていた
須田悦弘さんの木彫のクレマチスたちは
近くで見ても本物ではないかと思うほどの精巧さで驚きでした
でも、コンクリ-トの壁から突然にょきっと生えているので
一通り美術館を見終わってから
「あれ? どこに展示されていたんだろう?」と
もう一度入って、あちこち捜してやっと発見
同じような人たちと出会って、思わず笑い合ってしまったり
おもしろい展示でした

この後ランチをとって、同じクレマチスの丘にある
ベルナ-ル・ビュフェ美術館をゆっくり観覧
「宿でゆっくりしたい」というとうさんの希望で
早めに宿に向かいました


宿の部屋
その日のお宿は、子ども達が予約してくれた
「星野リゾ-ト 界 箱根」
お部屋はなんと
「桜庵」
でした~ お部屋の名前に桜がついていたのは偶然ですが
ちょっと嬉しくもあり
「桜太どうしてるかな?」と
ちょっとさみしくもありでした

この扉を開けて中に入ってビックリ!!

というお話は、次回に続きます(笑)


ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村

満開でした 3

おでかけ
04 /06 2018
暑いくらいだった気温が急に下がって
昨晩、久しぶりに雨が降った桜太家地方
今日も午後3時頃からまた雨になりました


桜道
昨日のお散歩では桜の花道があちこちで見られました


桜道2
まだ残っていた桜もこの雨で散ってしまいそうです


さて、そんなわけで桜も終わりとなった桜太家地方ですが
実はもう一ヶ所お花見に出掛けていまして
今日はあと一回「満開でした3」で、おつき合いください


境内の桜
大きな公園のお花見を楽しんだ翌日
ぽんちゃん家に誘われて出掛けたのは(桜太は留守番)
「富士山本宮浅間大社」 (通称 富士宮のお浅間さん)


枝垂れ桜
こちらも満開の桜がハラハラと散っているところでした


富士の巻き狩り1
この日は、和太鼓の演奏や野点などが行われて賑やかでしたが
こんな催しも行われていました
「草鹿の巻(くさじしのまき)」というそうで
その昔、源頼朝公が「富士の巻狩」を行った折
獲物が少なかったため、弓の修練として行われたのが始まりと言われているそうです
放った矢が鹿に当たるだけでなく、作法やその後の問答(どこに矢が当たったか)などで
当たりの判定がされるそうです


富士の巻き狩り2
富士宮のお浅間さんのたくさんの行事の中で流鏑馬は有名ですが
こういう行事があることは初めて知りました


花びら
一方、ぽんちゃんは池にくぎづけ
散った桜の花びらが浮かんで綺麗です


桜と富士山と神田川
神社の奥にある「湧玉池(わくたまいけ)」から流れ出る
「神田川」と富士山と桜

さあ、ぽんちゃんを探せ! (笑)


いいお天気に誘われて、3日連続でお花見したかあさんでした
庭に出てふと見ると


アジサイ
もう紫陽花の葉っぱがこんなに出ていました



ブログランキングに参加しています
応援クリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村

桜太かあさん

「芝生の庭で柴犬を飼う」のが家族全員の夢だった我が家・・・
外飼いのつもりで迎えた桜太ですが、
かわいそうで外に出せなくなり玄関へ・・
そしてリビングへと徐々に勢力を拡大中。
そんな桜太に楽しい毎日をもらっている母さんが、桜太との日々を紹介します。


<主人公>

桜太 2008年 8月9日生 9歳
   赤芝 ♂

   出身 日本犬保存会富士宮犬舎
    
   血統書の名前 桜宗徳号

   父犬 桜王号(神屋荘)
   母犬 蓮の光穂号(富士宮犬舎)

<家族>

父さん

母さん

<時々登場、外で暮らす家族>

M兄(桜太家長男) 

Nちゃん(M兄のお嫁さん)

ぽんちゃん(M兄とNちゃんの長男)

K姉(桜太家長女) 

Kくん(K姉のお婿さん)

T兄(桜太家次男)